101のテクニックを駆使したボックス・タイ

これは シーンを作る ポスト 複数のタイを使用してどのようにシーンを作成したかを検証する。  

で見つけたネクタイだけで作れる、もうひとつの楽しいポジションをご紹介します。 緊縛初級編 101!

この投稿では、「Kajira Blue in a Box Tie」から作成した Shinju (乳房縛り), 丸結び(サマヴィル・ボウライン)拡張ダブルコラム.

オリジナルは以下
モデル: カジラ・ブルー
制作者: ラザロ・レッドメイン
フォトグラファー: ラザロ・レッドメイン

BTS-kb221110

カジラ・ブルーインアボックス タイの位置

  1. 胸の上あたりに紐があるハーネスなら何でもいい。これはたまたま「Shinju」だった。
  2. モデルはボックスタイの位置を想定しています。A 丸結び(サマヴィル・ボウライン) を両手首に付け、テールをチェストハーネスに固定します。
  3. 拡張ひばり結びダブルコラム を肘の周りに巻いています。通常は肘をつなぐ線を巻き付けるコイルを、真珠の上胸紐の線にも巻き付けています。これにより、ネクタイが胸に固定され、下方にずれるのを防ぎます。

ピントが合っていないのがとても残念です。 カジラ・ブルーはおちゃめで、半分唸りながらこんなおちゃめなポーズをとっていました。 とても気に入りました。 もし、ピントが合っていれば、この写真になったのですが、せっかくなので載せておきます。

この投稿を共有する

  コメント