縄の選び方

どのようなロープを使えばいいのですか?

ロープボンデージが初めての方は、まず1/4″(6mm)の安価なナイロンやMFPから始めてみてください。 彼らは柔らかく、官能的であり、あなたが着色されたロープが好きなら、色の多くに来る。 ロープボンデージに興味があるのなら、天然繊維のロープを購入するのもよいでしょう。

このページのリンクから購入すると、TheDuchyのサポートになります。
とのアフィリエイト関係があります。 Twisted Monk, アグリーブル・アゴニーツイステッドシンのような、私たちがリンクしている業者を紹介し、購入金額の数パーセントを紹介料としていただいています。

一般的な太さや長さの目安については、こちらをご覧ください: 縄の長さと太さ.

高品質なロープを購入する
TheDuchyを応援してください。

とのアフィリエイト関係があります。
Twisted Monk
アグリーブル・アゴニー
ツイステッドシン

私たちのリンクを通じて購入された場合、私たちは紹介ボーナスとして購入額の数パーセントを受け取ります

どのような縄を使用すればよいのでしょうか?

どのようなロープが良いのでしょうか?

それは、あなたが何のために使いたいかによります。 ここでは様々な種類のロープの特徴をご紹介しますので、ご自身の用途に合わせてお選びください。

ここでは、一般的に使用されているいくつかのタイプを比較してみましょう。 それぞれ1/4″(6mm)です。

種類によって見た目の違いがあることに注意してください。天然繊維・合成繊維・編み込み・撚り・片撚り・その他、様々な選択肢があります。

最初に使うロープは、安価で手に入りやすいコットンやナイロンを使う人もいます。 その場合、「ソリッド・コア」タイプは避けてください。 テンションをかけてもあまり平らにならず、一般的に使用される様々なノットやロックオフ、摩擦に適切に反応しません。 とはいえ、私はフロッガーを作るのに、ソリッドコアのコットンサッシュコードが好きです。 でよく使われています。 フロッガーフォージ.

"天然繊維 "ロープ

ツイストモンクヘンプ、マルチカラー

これらには以下が含まれる:

麻縄(ヘンプ), 麻縄(ジュート(黄麻)), サイザル麻。 コットンココナッツ、竹

  • 長所:摩擦や安定が良いため、掴みやすく、結び目が少なくてもしっかりと固定できます。
  • 長所:あまり伸びず、より安定した伸縮性があります。
  • 短所:染料の浸透性が悪いです。色が弱くなり、鮮やかさに欠け、豊かな色を出すためにはより多くの染料が必要になります。
  • 短所:高価です。

特徴:

  • ヘンプとジュートは世界中の縛り手に人気があります。
  • ヘンプはより強く、吊り下げて使用することができます。
  • ジュートは一般的に軽く、バネのような動きをするので、フロアワークに人気があります。
  • サイザル麻はフロアワークでの緊縛に使用できますが、ロープの擦過傷には注意が必要です。
  • ココナッツロープはさらに厄介です。これは、ロープの擦過傷やロープ自体の不快感がプレイの一部である場合に使用されます。ほとんどの受け手はココナッツロープで縛った後に時間を少し置くと、完全にもがくのをやめてしまいます。

"合成繊維 "ロープ

シンセ・カラー

フロアワーク(サスペンションなし)には、以下のようなものがある:

金物屋で売られているほとんどの合成ロープは、ナイロン製(ソリッドコアであることが多い)、"ミックスファイバー "ロープ、ポリプロなど。 パラシュートコードも。

  • 長所:価格が安い
  • プロナイロン、MFP、パラコードは鮮やかな色が多い
  • 欠点:ポリプロやミックス素材は、通常の染料ではうまく色がつかない。
  • 欠点:タイプによっては、一貫性のない/予測不可能な伸び方をすることがある。

サスペンション用: 

アムスティール POSH, MFP (マルチファイバープロピレン)を使用しています。 ナイロン (金物屋によくあるタイプではなく、業者が緊縛用に特別に用意したタイプ)、ヘンペックス

  • 上記の長所と同様
  • プロ吊り上げ線に適している。 幾らでも 同じ太さの天然繊維ロープよりも強い。
  • 様々な色を購入することができますが、家ではうまく染まりません。

ロープの構造

ロープの構造

ロープには様々な構造があります。 以下にその例を挙げます。

  • (A) パラコード - ナイロン糸を撚ったものを芯にして、ナイロンを編んだもの
  • (B) コットン・クロス・ライン - 綿糸を撚り合わせたものを芯にして、綿を編んだもの
  • (C) ヘンプロープ(麻縄) - 撚り合わされたロープ、詳細は次項参照
  • (D) コットンサッシュコード - 撚りをかけたナイロン糸を芯にして、コットンを編み込んだもの

編み込みロープとツイストロープのどちらを選ぶかは個人の好みによるが、その挙動や見た目は異なる。 撚りをかけたロープは凹凸が多いので摩擦が大きくなり、結び目の保持力が高くなりますが、歯がしっかりした編み込みロープでも保持力は十分です。 どちらでも構いませんが、多くのリガーは1つのシーンの中で種類を混ぜることを好みません。

ツイストロープ

ツイストロープ

天然繊維で作られた伝統的なツイストロープは多くの人に愛されています。

  • (A)ツイストロープは...
  • (B)3〜5本のストランドで構成されている(3本が最も一般的)
  • (C)ストランドは糸で構成されています。 (このロープでは、1本のストランドを解いてみると、4本の糸で構成されていました)
  • (D)糸は1本1本の繊維でできています

糸は1本1本の繊維でできており、1本1本が前の層とは逆方向に撚られています。これにより、すべての繊維がつながり、内部の摩擦でしっかりと噛み合って丈夫なロープになるのです。

ロープを扱うときに「フック」や「ハサミ」のテクニックを使うことがあるのは、親指と人差し指を使ってピンセットのような動きでロープをつかむと、ロープ全体ではなく1本だけをつかんでしまうことがあるからです。そうやって引っ張ると、1本1本がバラバラになってしまい、ロープの途中で解けてしまって、ロープがぐちゃぐちゃになってしまうのです。 このような状態になってしまったロープを元に戻すのは非常に困難であり、ロープの強度も失われてしまいます。

色付きのロープや染色

染色されたロープ

カラーロープがお好きな方には、ナイロンがお勧めです(純粋なナイロンで、ナイロンとのポリブレンドやポリプロではなく、ポリは染料を受け付けません)。

上の写真:

  • (A)ナイロン(ピュアナイロン) - 染料をよく吸収します。鮮やかな色や豊かな色を出しやすいです
  • (B)ナイロン/ポリプロ - ナイロンはよく染まりますが、ポリプロは染まり難いため、色ムラが出ます
  • (C)麻 - 染料は入るが、色がくすんだり、マットになったりします。このような深みのある色を出すには、ナイロンよりも多くの染料が必要です

ナイロンは滑らかで快適ですが、歯が非常に少ないので、本結びではなく 外科結び をしたり、 ひと結び などは2回ではなく3回する必要があります。

また、MFP(マルチ・ファイバー・プロピレン)には染色済みのものもあります。MFPは柔らかいのですが、適度な摩擦があり、結び目の保持力があります。 また、非常に丈夫で、縛り手の中には吊りのサポートやアンカーラインに好んで使用する人もいます。

自分で天然繊維のロープを買って、自分やパートナーがロープ焼けせずに緊縛に使えるように自分で調整したい場合は、McVarijのチュートリアルを参考にしてみてください。自分でやってみると、緊縛用ロープの業者がなぜ値段をつけているのかがわかるかもしれませんね。

自分で麻縄を整えて染める

この投稿を共有する

6 コメント

  1. Hello and thanks for all of this wonderful and organized content. In a Shibari class an instructor suggested that particularly for beginners solid core ropes had greater risk of linear pressure on nerves than woven naturals like Jute since the cored ropes dont flatten as much.. Im just curious if you agree. Ive got a nice selection of Jute now but it is expensive and wondering if the solid core alternatives are a real option.

    1. That is a really interesting point. I haven’t run across that particular idea before, but it makes intuitive sense. I talked about it with a colleague and, while this point may be true, it is less cited as the reason to avoid Solid Core. More commonly discussed reasons are that it doesn’t behave the same with tying knots, lock-offs and frictions, so it is really not useful beyond a certain point. Your question has prompted me to update this page to point people to inexpensive MFP as a good starting rope. Thanks!

  2. Ouch! Now I’m pretty sure that it’s better buy a better rope. Unfortunately here in Rio de Janeiro, we don’t have much options. But worth the experience, as apprentice 😉

  3. Howdy Master Lazarus, greetings from Brazil, I bought a few meters of sisal rope at a fishing store. Wasn’t expensive, but I feel that it´s a little rigid and his sisal fibers may becomes uncomfortable for my partner, she said that the rope spit her out a little. Do you have some tips for me smooth the rope? Something to lubricate or wear out a little?

    1. Greetings! McVarij has a nice tutorial on conditioning rope. Check it out here: http://www.instructables.com/id/Condition-and-Dye-Your-Own-Hemp-Rope/
      (After you have been through this a couple times, it becomes more clear why many of us buy it with all this stuff already done! 🙂

    2. We used to live in Rio de Janeiro. There’s a great place in Rua da Alfândega 177, ABO Palácio Têxtil. (AKA Palácio das Cordas – “Rope Palace”) Supposedly for arts and crafts, but some people from Rio kinky scene used to be regulars there, as you can buy rope by lenght. https://www.facebook.com/palaciotextil/

  コメント