同意

同意

この投稿は、以下のシリーズで始まります: "界隈" を理解する.


同意は、私たちが行うすべての活動の基礎となるものです。 

特に今回のように拘束された状況で、本人の同意なしに誰かに触れることは、多くの法域で法的には暴行にあたります。

お住まいの地域によっては、同意が法廷での暴行罪に対する有効な抗弁とならない場合があります。参照 BDSMと法律 をもっと見る。

同意を求めることに慣れる。練習すれば、自然にできるようになる。

契約内容 とは別物です。 同意. コンセンサスは タイプ より高い基準で合意されたものです:

同意は、真正であり、情報があり、明示的でなければならない。

"Yes "は「はい」、"No "は「いいえ」、"Maybe "は「かもしれない」という意味です!

"Yes "は「はい」という意味です。

  • さらに良いのは、"Hell, yes!"です。私たちは、本物の、熱意ある、熱心な同意が大好きです!
  • 確信が持てない場合は、「はい」とは言わないでください。確信が持てないことを伝え、提案された活動を検討することに前向きであれば、話を続けるように誘います。

"No "は、「いいえ」という意味です!

  • 1つだけ例外があります:特定のシーンのために、その言葉を変えることに明示的に合意した場合です。例えば、もっと原始的なシーンを作りたい人がいて、「ダメ!やめて!このモンスター!」などと叫べるように交渉したとします。そのような場合、彼らは
    に置き換えることに明示的に同意する。 安全な言葉/ジェスチャー/アクション の代わりに、「ノー」「ストップ」などをシーンに合わせて自由に使うことができるのです。しかし、「いいえ」という言葉の意味が変わるのは、その間のみです。
    交渉の場で説明される特定の時間枠。交渉中、「ノー」は常に「ノー」を意味します。
  • ノー」を潔く受け止める。相手を困らせたり、自分の答えを守らせたりしてはいけません。それは強制につながる滑り台のようなものです。
    • "まったく問題ありません。何かやってみたいことはありますか?"
    • "ご検討いただきありがとうございます。素敵な夜(パーティー)をお過ごしください!"

"Maybe "は "No "という意味でもあります!

  • もしかしたら "maybe "なら、また別の機会に聞かれる可能性を残しているかもしれませんし、あなたを完全にシャットアウトすることで失礼にならないようにしているかもしれません。私たちは、人々が自信を持って本音を言えるように手助けをしようと思っていますが、誰もがそれに抵抗があるわけではありません。
  • もし、「もしかしたら」と言われたら、こう言ってみてください:今夜は "No "とさせていただきます。でも、まだ興味はあるので、気が変わったら気軽に声をかけてください。また別の機会にお願いしてもいいでしょうか?
  • そうすることで、あなたが自分の答えを潔く受け止めてくれるという安心感が生まれ、その考え全体に好感を持つことができるかもしれません。しかし、それはまた、感情的に言えば、より安全な方法で、「たぶん」を「いいえ」にスムーズに変更するための潔い方法を提供します。もし、相手が「後で聞かないでほしい」と言ったなら、それは本当に「ノー」という意味だったのです。正直に答えてくれたことに感謝し、次に進みましょう。

ベリファイ 何事も.

  • 私の言葉の定義は、あなたの言葉の定義と同じではないかもしれません。
  • 説明を求めることに慣れる。理解したことを確認する。
    • "あなたにとって、それはどんな意味があるのでしょうか?"
    • "もっと言ってくれないかな?"
    • "例を挙げていただけますか?"

権力交換の文脈(D/S、M/S)では、トップ/ドム/マスター/ミストレスを喜ばせたいときに、サブやスレーブが「ノー」と言うのは難しいかもしれません。権力交換のダイナミックスにいる場合は、この潜在的な問題に注意し、事前にパートナーと話し合ってください。 コマンド 身体的またはその他の理由で怪我をする可能性がある問題を感じたら、あなたに伝えるようにします。あなたに伝えることが正しいことであり、必要なことであることを再確認してください。 一つの小さなシーンよりも、彼らのことをもっと大切に思っていることを明確に伝えることです。

ノー」と言うのが難しい人は、言いやすい、または安全だと感じる言葉やシグナルを設定することが有効です。これについては、以下のページで詳しく説明しています。 安全な言葉・しぐさ・行動.

同意書違反について

次ページ...BDSMエンカウンター~フレームワーク編

BDSMとの出会いを成功させるための手順

この投稿を共有する

  コメント