拡張ひばり結びダブルコラム

拡張ダブルコラム

通称 ホブル(枷)

このアイデアは、人の肘のように密着させることができないもの(ほとんどの人は肘に触れることができません)、またはわざと少し離して縛りたいもの(足首を縛って歩くことはできるが、走ることはできない)の2つを縛る方法です。

これは基本的に、ひばり結びのダブルコラムに、最後にひとひねり加えたものです(ダジャレです)。意味はおわかりになると思いますが…

重要 安全上の注意:  腕の外側、肘のすぐ上には神経が通っています。この神経に力を入れすぎると、指がしびれたり、違和感を覚えることがあります。しびれる、冷たい、ピリピリするなど、何か異常を感じたら、必ずあなたに知らせるようにパートナーに指示してください。異常を訴えた場合は、まず腕のカフを数センチ上下に動かしてみてください。15秒以内に違和感がなくなれば、そのまま緊縛を続けてもかまいません。違和感が残っている場合は、この拘束をほどいてください。縛りがきつすぎるのか、神経が皮膚の近くを走っていて圧迫されやすいのか、いずれにせよ、指が痺れるような状態を放置しないでください。神経を傷つけてしまう可能性があります。

コイル・オブ・ロープ

このチュートリアルでは、アフィリエイトのTwisted Monkから提供された6mm原色麻縄 を約9m使用しました。

ご提供いただいたアフィリエイトの Twisted Monk には素晴らしい麻縄が沢山ありますので、ぜひチェックしてみてください!

サポートTheDuchy

この作品に必要なテクニック:

動画

収録内容:

  • 背景と用途 (0:00)
  • 基礎テクニック (0:33)
  • 安全性 (5:33)

写真とテキスト

拡張ダブルカラム (1)

1.何を見ても、ほとんどの人は肘を背中で触ることができません。このアテナは例外的で、これができる人は極めて稀である。

拡張ダブルカラム (2)

2.実際、ほとんどの人は背中に入れるのがやっとの状態です。これはもっと一般的な限界です。しかし、それでも、彼らの肘を一緒に縛ることができます。

拡張ダブルカラム (3)

3.ヒバリの頭のダブルコラムと同じように始めます。片方のひじに触れないように、ひじに近づける。

拡張ダブルカラム (4)

4.テールを腕に巻きつけます。上にも下にも巻くことができます。

個人的には、縛りの最後のロックの位置になるため、上向きに巻き付けるのが好きですが、実際にはほとんど違いはありません。

拡張ダブルカラム (5)

5.合計2ラップ以上必要ですが、、、。

拡張ダブルカラム (6)

6.私は合計3ラップ(合計6本のロープ)するのが好きです。そうすることでカフが広くなり、より広い範囲に圧力を分散させることができるからです。肘の外側に近い部分を使う場合、圧力が高すぎると橈骨神経や内側神経に影響を与え、指がしびれたり、しびれを放置すると神経損傷につながり、治癒に時間がかかったりするので、これは重要なことなのです。

拡張ダブルカラム (7)

7.手順3で形成したセカンダリーバイトから手を伸ばします。

拡張ダブルカラム (8)

8.テールを引っ掛け、最後まで引っ張る。

拡張ダブルカラム (9)

9.上からロープの*すべての*後ろに手を伸ばす(指の背中がパートナーの体に触れるようにする)...

拡張ダブルカラム (10)

10....そしてテールを引っ掛ける。

拡張ダブルカラム (11)

11.テールを引き通します。

拡張ダブルカラム (12)

12.横のコードをきれいに整列して持ち、...

拡張ダブルカラム (13)

13....テールをすべてのロープに一度巻き付け始める。

拡張ダブルカラム (14)

14.2回巻いたら、1回目のカフの締め付けを調整することができます。そのためには、体に一番近い水平コードをつかみます。

拡張ダブルカラム (15)

15.先ほど作ったラップを持ち、横線を引いてカフを締めます。

拡張ダブルカラム (16)

16.締め付けをテストする。ロープと相手の腕の間に2~3本の指が楽に入る程度が目安です。

拡張ダブルカラム (17)

17.反対側のコードも着せ替えてください。平行で同じテンションであることを確認します。

拡張ダブルカラム (18)

18.テールをカフコードに巻き続け...

拡張ダブルカラム (19)

19....このように

拡張ダブルカラム (20)

20.もう片方のひじに近づいたら、端を割って結びます。

拡張ダブルカラム (21)

21.ということです。(1)コードを肘から遠くに持っていき、...

拡張ダブルカラム (22)

22.今までと同じようにラップの後ろまで走らせる。

拡張ダブルカラム (23)

23.そして、(2)このチャンネルを通して、もう一方のラインを上に走らせる。これを行うには

拡張ダブルカラム(24

24.カフの中に指を入れ...

拡張ダブルカラム (25)

25....尾を引っ掛ける...

拡張ダブルカラム (26)

26....そして、このように袖口を引き上げて通してください。

拡張ダブルカラム (27)

27.これで、カフの内側と外側に1本ずつ線が引けました。

拡張ダブルカラム (28)

28.それを別の角度から見てみましょう。

拡張ダブルカラム (29)

29.スクエアノットで結ぶ

拡張ダブルカラム (30)

30.こんな感じ。

拡張ダブルカラム (31)

31.コードの着せ替えをする。ということです。ロープの袖口の下に指を入れて、(1)きつすぎないか、(2)コードが平行に平らになっているかを確認します。

拡張ダブルカラム(32

32.このネクタイはHobbleとしても使用可能です

拡張ダブルカラム (33)

33.(何となく足が好きだからという理由だけでもう一枚...)

この投稿を共有する

  コメント