継ぎ縄

ハンドリング-ロープを伸ばす

多くのリガーは、30'や15'といった一般的な長さのロープしか持っていません。 これらは目的によって使い分けができ、扱いやすいからです。 (これについては、以下のサイトで詳しく説明しています。 縄の長さと太さ.)

これはプレイに合わせた緊縛を行うときに、時間短縮につながります。 一般的な縛りでは、テールを何度も引き抜くものが多いです。 短いロープなら、1~3回の引きでテールを通し切ることができます。 しかし、ロープが長ければ長いほど、1回のテール引きにかかる回数が増え、時間もかかります。

しかし、多くの絆があり 必要とする 30フィート(9m)以上のロープ、例えば多くのチェストハーネスやウエストハーネス。 このような場合、非常に長いロープが必要になるか、あるいは...必要なときにロープを伸ばす方法を学べばよいのです このような簡単なテクニックを身につければ、ほとんどの場合、特別に長いロープハーネスを使用する必要はありません。 (ただし、写真撮影のためにロープコルセットをする場合など、ロープのつなぎ目をなくしたい場合に、特別に長いものを携帯するリガーもいます。)

ここでは、ロープを延長して続けるための3つのテクニックを紹介します。

このテクニックなら、今使用しているロープに新しいロープを継ぎ足すだけで、作業を継続することができます。複雑なハーネスを作るために、わざわざ何十メートルもあるロープを持ち運ぶ必要はありません。

コイル・オブ・ロープ

このチュートリアルでは、私のアフィリエイトであるTwisted Monkから提供された原色と青色の6mm麻縄を使用しました。

ご提供いただいたアフィリエイトの Twisted Monk には素晴らしい麻縄が沢山ありますので、ぜひチェックしてみてください!

サポートTheDuchy

ひばり結びで古いロープに繋ぎます。 これは、ロープの端が揃っていて結び目がある場合に使える、とても早い方法です。

このテクニックを実際に使ってみましょう…

ロープの端が結ばれていない場合でも、ひばり結びが使えます。ひばり結びを「ひっくり返す」ことによって、本結びにすることができるのです!このテクニックは、1本目のロープの端が不揃いな場合にも有効です。

このテクニックを実際に使ってみましょう…

最初のロープを完全に終了させ(余分なロープを使い切り、端を結ぶ)、テンションがかかっているライン(例えば、中心線、胸や腰のストラップ)に新しいロープを追加することも可能です。

この例では、完成した 菱縄縛りの余分なロープを使い切りました。ここで新しいロープを追加して、腰のあたりで何か違うことができるようにしたいと思います。

この投稿を共有する

1 コメント

  1. A 3rd Method i have been using on thicker rope is kinda the same as method 2 but instead of running both old ropes into one side of the Lark’s Head, run one from each side so they cross each other inside the Lark’s Head.

  コメント