ひと結び

ハーフヒッチ

ひと結びは、対象物にロープを一巻きするだけで、他の多くのノットの基本構成要素となります。一般的に、緊縛の一部分または縛り終わりを固定するために単独で使用されます。縄尻を何かへ取り付けるためにも使用できます。

長所: 手早くできます。また、滑らせて簡単に取り外すことができます。

短所: これはスライディング(ループを崩す)ノットなので、動的なテンションを掛けて使用すると崩れてしまいます。また、テンションがかかっている状態では固く締まってしまうので、解くためにテンションを下げたり緩めたりする必要があります。そのため、この結び方を人間に直接使用したり、吊りのアンカーに使用したりしてはいけません。

この作品には、アフィリエイトの Twisted Monk からご提供いただいた約5mの 6mm原色麻縄 を1本使用しました。麻縄をお探しの方はぜひご覧ください。

サポートTheDuchy

これは、ロープを取付部に固定するための、最も早くて簡単な方法の1つです。 手首や足首をベッドの支柱や頭上の取付部へ固定したい場合に有効です。 いろいろな方法がありますが、この方法を覚えて、そこから発展させていくといいでしょう。

この結び方は、どちらの手を使っても、水平でも垂直でも結べるように習得することをお勧めします。

※重要な安全上の注意点  重要な安全情報 この例では、手首を頭上のポイントに取り付けています。 手首はデリケートなので、取り扱いには注意が必要です。

  • 手首の内側の皮膚付近には、多くの神経と血管があります。 手首に圧力がかかりすぎると、血流や神経伝導に影響を与える可能性があります。  カフスは締め付けすぎず、常に2本の指を通せるようにする必要があります。
  • 手首の関節はもろいものです。手首を強く引っ張ると、関節を損傷したり、小さな手首の骨を間違った位置に押し出したりする可能性があります。  決して手首だけで吊るさないでください。 ロープが手首に強いストレスを与え続けるような姿勢で、人を縛ることは絶対にしないでください。 
  • 下の例では、パートナーのカフスがきつくなりすぎています。これは撮影時に演出のために行ったものですが、メンバーから「読者が誤解してしまうのではないか」との指摘を受けました。頭上での手首の縛りがこのようにきつく見えることはありません。実際には、完成した時点で私のパートナーには数センチの余裕がありました。手を動かして、カフスのロープの肌への当たり具合を調整することができました。また、尻尾を掴んでさらにサポートすることもできました。そのような調整ができるだけの余裕があるかどうかを確認したいものです。

この動画には以下が含まれています。

  • ひと結びでストラップをロックする、リバース・テンション・スタイル
  • ひと結びによるストラップのロック(フォワード・テンション・スタイル) (1:50)
  • 2つのひと結びを使ったストラップへのロック (3.17)

ロープのバンドやストラップをロックする際には、接続点のどちらか一方にひと結びを使うことができます。今回は、尻尾が自然に流れている側でひと結びを行うことにします。 これを「フォワード・テンション(順テンション)」といいます。 もし、ロープの向きを逆にして、反対側でロックした場合は、「リバース・テンション(逆テンション)」と呼ばれるスタイルになります。 その方法は、下のセクションを参照してください。

このバージョンでは、三角形の模様が魅力的でかさばりません。しかし、ストラップを構成するロープのテンションを均一にするには慣れが必要ですので、ぜひ練習してみてください。

ロープのバンドやストラップをロックする際、接続点のどちらか一方にひと結びを使用することができます。この場合、ロープの方向を逆にしてからロックします。 これを 「リバース・テンション(逆テンション)」スタイルと呼びます。 もしもロープが自然に流れている側で行うとしたら、それは「フォワード・テンション」スタイルということになります。 上のセクションではそのフォワードテンションスタイルの方法を紹介しています。

このリバーステンションのバージョンでは、結び目の摩擦を増やすことで、ストラップを構成するロープのテンションを均一に保ちやすくしています。 しかし、欠点としては、少しかさばることと、やや魅力に欠けることが挙げられます(個人意見です)。

ロープベルトにロープを取り付ける際に使用する2つのひと結び(反転技)

このバージョンは、取付部への固定方法で紹介したものを逆さにしたものです。このバージョンでは、ひと結びを行う前の最初のステップとして、ロープを取付部の前(または上)に走らせていました。  今回のバージョンでは、まず後ろにロープを回します。  最初のバージョンの方がロープの引き抜きが少なくて済むので速いのですが、既にあるロープの後ろ(下)に縦線を走らせたい理由もあります。

ロックするポイントに複数のロープが入ってくる場合、1つのひと結びで尻尾を固定することができます。以下はその方法の一つです。

コアの技術をポールに応用。

一般的には2本で結ぶことが多いのですが、ここではコア・テクニックをわかりやすくするために1本で表示しています。

この投稿を共有する

  コメント