縄尻の処理

ロープの端を仕上げるには、シンプルでスピーディなものから、装飾的なものまで、さまざまな方法があります。このページでは、一般的な方法のいくつかを紹介します。他にもたくさんの方法があります。

結び目のない滑らかな端を好む人もいれば、余計な手間をかけずに端をどうするかをその場で決められる人もいます。ロープを追加するのが簡単になるので、縄尻の結び目を好む人も多いです。

何事にも言えることですが、「唯一無二の方法」というものはありません。もし、あなたが出会ったものでうまくいったものがあれば、また、これらのコレクションに追加すべきヒントがあれば、 ご連絡ください 、私たちはこのコレクションを増やし続けます。

シンプルなアプローチ - テープエンド止め結び

これらのテクニックはシンプルですが、それでもいくつかのヒントやコツがあります。また、より装飾的で複雑な他のアプローチではなく、これらのアプローチを選択した方が良い理由についてもお話しします。結論から言うと、これらはより速く、ロープにそれほど没頭することなく、必要に応じて将来的にロープのレイを調整するために元に戻すことが可能です。

パラコードやナイロンロープを溶かす

合成繊維の場合、上記のようなシンプルな方法をとることももちろんできますが、毛先を溶かすという方法もあります。ここでは、そのコツをご紹介します...

飾的な結び目 - ウォールノット、二重止め結び、トリプルウォールノット

より装飾的なアプローチを好む人もいます。これらは少し時間がかかりますが、見た目はとてもきれいです。

3連ロープ用マシュー・ウォーカー・ノット

より装飾的なアプローチを好む人もいます。これらは少し時間がかかりますが、見た目はとてもきれいです。

3,4,5,6本以上用の結び方 - カラーパラコードバージョン

安定感のある飾り結びで、スリムで魅力的、コツをつかめば簡単に結べます。 ウォールノットを簡単に改良しただけのものです。

液状ゴムでの処理

安定感のある飾り結びで、スリムで魅力的、コツをつかめば簡単に結べます。 ウォールノットを簡単に改良しただけのものです。

Whipping

この方法は時間が掛かるため私自身はほとんど使いませんが、それでもかなりの人気があり、私のアフィリエイトである Twisted Monk.  のロープにも採用されています。是非チェックして 緊縛用に作られた大縄のために!

この方法を自分で学びたい方は、こちらをご覧ください: アニメーションの結び目からの帆船屋の鞭打ち

この投稿を共有する

2 コメント

  1. Worth noting, if you have rope that has been dyed:
    Depending on when the dyes were applied in manufacturing, un-laying the strands can reveal partially dyed sections.

    This leaves decorative knots looking a little patchy – not my favourite!

  コメント