本結び | 外科結び

アドバンスドスクエアノット

縄の両端を結ぶための最も基本的な結び方です。私個人としては本結びより外科結びの方が好きで、より確実で結び目が固くなりにくい結び方です。どちらも紹介していますので、用途に合わせて選択してください。

長所 – 速い、簡単、緩まない(しっかり結べて、受け手の指が届かなければ緩みません。)

短所 – 本結びはひっくり返るとほどけてしまうことや、結び目が固くなりすぎてほどけなくなることがあります。外科結びはそういった心配がありません。

この動画は3つの項目を取り上げています:

• コアあり本結び(Core Square Knot)についての知識とテクニック(0:00)
• 本結びのやり方 上級(2:00)
• 外科結びのやり方 上級(4:30)

本結び

本結びがほどけてしまう例

外科結び

この方法は、外科医が縫合糸を結ぶ際によく使う手技を改造したものです。 (実際には、私はこのテクニックを使うことはありませんが、理解するには面白いです)。

写真からよくわからない場合は、動画を見てみてください。 動作を見ればはるかに理解しやすくなります。

この方法は、外科医が縫合糸を結ぶ際によく使う手技を改造したものです。〖11〗までの手順は本結びとまったく同じです。

写真からよくわからない場合は、動画を見てみてください。 動作を見ればはるかに理解しやすくなります。

この投稿を共有する

2 コメント

  1. I love the mechanics of that pincer. It elegantly describes a movement without having to describe the rope itself. Great explanation, Lazarus

  2. Pingback. ハーレー・クインのコルセット、パート1 - ガーター - 公爵夫人

  コメント