菱縄縛り(ロープドレス)

菱縄縛り

菱形のカラダは、単に「ロープドレス」と呼ばれることもあります。その魅力は、重ね着したり、結んだりする際のアンカーとしても最適です。菱形の模様としっかりとした紐は、お互いに刺激的で素敵です。長時間の着用が可能で、服の下に着用して、密かに公然と緊縛することも知られています。このモデルは約170cmの小柄な体格です。彼女の場合、このネクタイには約30~35分のロープを使いました。

興味のある方は、 ビハインド・ザ・シーン(BTS)について にもフルボディのバリエーションがあります!

素敵なポイント:  これはかなりきつくすることができますが、以下の警告を覚えておいてください。これを外すと、少しの間、美しいロープの跡が残ります。また、股縄に八の字結びやチェーンステッチでこぶを入れると「ハッピー・ノット」が出来ます。

注意:  タイトなチェストハーネスとタイトなウエストハーネスを併用する場合の注意事項については、安全性のページを必ずご確認ください。この縛りにはその両方を備えていますので、パートナーの呼吸を妨げることがないよう注意してください。

この作品には 6mm原色麻縄を約10m使いました。ご提供いただいたアフィリエイトのTwisted Monkには素晴らしい麻縄が沢山ありますので、ぜひチェックしてみてください。

サポートTheDuchy

動画 - 菱縄縛りの手順

収録内容:

  • フロント(0:19)
  • 脚の間のオプション(4:30)
  • 背面と側面のレース (5:39)
  • ロープの追加 (14:12)
  • ロープを使う (19:37)

写真とテキスト

ひしからだ--01

1.長いロープを真ん中で折り返した状態から始めます。ロープの1/2を両肩にかけ、単純に曲げた状態から始めるか、あるいは...。

ひしからだ--02

2.2. オーバーハンドノットで結び、端に小さな輪ができるようにします。これは、私はほとんど常にそれが後でネクタイに少しより安定性を追加するため、それを行うものです。それは肩甲骨の間にあるように、この結び目の位置、脇の下のレベルについて

ひしからだ--03

3.パートナーの前面に、背面のオーバーハンドノットと同じ高さに、オーバーハンドノットを付けます。

ひしからだ--04

4.結び目は鎖骨のすぐ下にする。

菱唐田--05

5.胸骨の真上か、胸がある場合は胸のちょうど真ん中あたりで結びます。

ひしからだ--06

6.これで2つ目の結び目ができたので、残りの結び目に必要なスペースが見えてきました...。

菱唐田--07

7.つまり、3つ目の結び目は、2つ目の結び目から1つ目の結び目と同じ距離に置く必要があるのです...。

ひしからだ--08

8.このように...

ひしからだ--09

9.4番目は3番目から等距離になるように配置します。パートナーが背が高い、または胴が長い場合は、5つ目が必要になることがあります。

菱唐田--10

10.(オプション)お望みであれば、「ハッピーノット」を置くことができます。これはオーバーハンドノット、または8の字結びなどで、パートナーのクリトリスまたは会陰に圧力をかけるように配置します。

菱唐田--11

11.正しく配置されたハッピーノットは、女性の体型の場合、およそこのようになるはずです...

注: 性器や肛門に触れるようにロープを走らせる場合は、ロープを洗ってからにしましょう。あるいは、ロープが触れる部分にラップを巻いておくといいでしょう...。

菱唐田--12

12. そして、男性の体型ではこのような感じです。

菱唐田--13

13.テールをパートナーの背中に回し、ステップ2で形成した小さなループに通します。

菱唐田--14

14.テールの束を分離し、パートナーの体に巻き付け始める

菱唐田--15

15.正面に持ってきて、上段ダイヤモンドのそれぞれの側面に通す

菱唐田--16

16.センターラインのストランドを分離するために、ストランドを元来た方向に引き戻し、それによってこの魅力的なダイヤモンドシェイプを作るのです...。

菱唐田--17

17.しかし、その前に、オプションで、ダイヤモンドの中をロープが通る部分に少しひねりを加えることができます。こうすることで、摩擦が増し、装飾性も高まるので、私はとても気に入っています。この方法は、入ってくるロープの下に指を入れ、出ていくロープを引っ掛け、その中を引っ張ります。

菱唐田--18

18.完成すると、アッパーダイヤモンドは次のようになります。

菱唐田--19

19.(オプション1) ストランドをパートナーの背中に持っていき、交差させる

菱唐田--20

20.(オプション2) 必要であれば、ここでもオーバーハンドノットを追加することができます。私はほとんどいつもこうしています。なぜなら、結び目に摩擦が加わって安定性が増し、さらに時間もかからないからです。

菱唐田--21

21.(オプション3) オーバーハンドノットが中心線を掴むようにすることで、さらに摩擦と安定性を高めることができます!これを行うには、1本の線を中心線の上に持ってきます。

菱唐田--22

22....そして、最初の線の上に2番目の線を重ねます。

菱唐田--23

23.中央の線の下に指を置き*、最初の線の下に指を置き*、2番目の線をつかむ

菱唐田--24

24.2本目のラインを通し、続けて両方のラインをパートナーの体に巻きつけます。これで、オーバーハンドオーバーヘッドノットができ、センターラインにも巻きついているのがわかります。(オプション3を終了)

菱唐田--25

25.ラインをパートナーの正面に持っていき、2つ目のダイヤモンドを通過させる

菱唐田--26

26.お好みで飾り紐をつける

菱唐田--27

27.次のように表示されます。

菱唐田--28

28.線を再びパートナーの背中に持ってきて、もう一度、上で説明した3つの選択肢のいずれかを使って交差させます。

菱唐田--29

29.それらの線をパートナーの正面に持っていき、3つ目のダイヤモンドを通して

菱唐田--30

30.そしてまた、あなたのパートナーに戻る、あなたが選択したようにそれらを交差させる

菱唐田--31

31.(オプション4)実はこの段階で、私はよく「芯あり角結び」でこの特別な巻きを中心線につなげたいのです。このオプションは、摩擦を増加させ、結び目の位置とロープの位置をコントロールすることができます。(これはパートナーのカーブを補正するのに役立ちます) これを行うには、コード1を取り、センターラインの上に置く...

菱唐田--32

32.コード2を敷き、コード1の上に重ねる

菱唐田--33

33.中心線とコード1の後ろに指を置き、コード2をつかみます。引き通してください(図示せず)。

菱唐田--34

34.持っているロープはやはりコード1です(彼女の右手から入っているのと同じものであることがわかりますね)。先ほどとまったく同じように、コード1を中心線の上に置いていきます......。

菱唐田--35

35.コード 2 をコード 1 の上に置く...

菱唐田--36

36.(コード2は直進するものでした)。

菱唐田--37

37.コード1の上に指を置き、中心線とコード1の後ろに指を置きます。次にコード 2 をつかみます。

菱唐田--38

38.コード2を通します(図示せず)。締めて結び目を完成させます。この結び目を中心線の上下にスライドさせると、コードの位置がよくわかりますよ

菱唐田--45

39.ここでやめれば菱形カラダ完成です。

エンディング1 - ロープがたくさん残っている場合は、そのまま進んでください...

菱唐田--46

1.ロープが残っている場合は、私のように、パートナーの体にさらにもう一巻きして、ロープを使い切るのが好きです...。

菱唐田--47

2.もう一方のダイヤモンドと同じように、ロープを正面に戻し、センターラインを通過させる。

ひしからだ--48

3.この開口部が他のダイヤモンドと同じ幅になるように、十分にテンションをかけながら、ストランドを切り離す。装飾用のひねりを加える。

菱唐田--49

4.コードを後ろに持っていく...

菱唐田--50

5.再び背中に持ってくる。結びます。私はここでも「芯あり角結び」を使うことが多いのですが、これは上下を調節することで、コードを置きたい場所に置くことができるからです

菱唐田--51

6.今はロープが少ししか残っていないので、すべてのラインの後ろを走って使い切ります...。

他にもステムに巻いたり、クロッシングヒッチを何本も結んだり、使い方はいろいろです。

ヒシ・カラダ--52

7....そして、トップ近くで角結びをします。

菱縄縛り

8.完成したヒシカラダ

エンディング2-ロープが切れそうになったら、ロックオフして残りを巻きつける

カラダのエンディング2 (1)

1.もし、私のようにロープがほんの少ししか残っていない場合は、角結びや芯あり角結びで中心線に結べばよい。結び終えたら、両端を着信線の下に挟み込み、邪魔にならないようにします。

カラダのエンディング2 (2)

2.もし、余った部分が少し長いけれど、もう一度前に行って中央に戻るには足りない場合は、パートナーの背中を上がる中心線に巻いて使い切ることができます。この時点でネクタイの形に満足できれば終了です。そうでない場合は、ロープを追加して続けてください

エンディング3「ロープが足りなくなったけれど、もっと続けたい!」という場合は、ロープを追加してください。

カラダ-追加ロープ (1)

1.ロープが足りなくなったら、簡単に追加することができます。このタイでは、1本1本を個別に扱うため、新しいロープを追加するときは、縦の中心線(「ステム」ともいう)に接続すると簡単です。

カラダ-ロープの追加 (2)

2.新しいロープの束を中心線の下に通します。

カラダ-ロープの追加 (3)

3.バイトから手を伸ばし、テールをつかむ

カラダ-ロープの追加 (4)

4.テールを通し、ラルクの頭を中心線に締め、1本のヒモをつかみます...。

カラダ-ロープの追加 (5)

5....そして、中心線の下を反対側へ走らせる

カラダ-追加ロープ (6)

6.両端を引っ張り、結び目をさらにきつくして、パターンを結び続けます。

この投稿を共有する

12 コメント

  1. Can the lowest tie be replaced with Kikkou Karada variation to make partner fully exposed. Also was is the length of second rope you used in the video.

    1. Yes! That is a great way to end off the karada and allow for more access. 🙂
      I used 15′ (~4.5m), but your needs may vary. If you have too much, you can use up the extra in thigh cuffs or some other leg pattern.

  2. what variations are there for doing suspension in this style of harness

    1. I know that you recognize this, and that is why you are asking the question, but I feel I need to provide this detailed response for other readers: This tie and direct variants are not well-suited for suspension. I have not seen anyone suspended with this tie and I would be concerned if I did. The primary issue is that these are all single strands going around the body and shoulders. If too much tension is added, as would be the case with a suspension, those single strands will dig into the flesh of your partner and are highly likely to cause damage. Most riggers insist on a minimum of 4 strands to create a wider strap to better distribute the force, and some riggers go for more–6 or even 8. There are other issues as well: This design puts pressure directly on the sex if your partner if female-bodied or on the perineum if male-bodied. There are a lot of blood vessels and nerves in that area and a misplaced rope or too much pressure can cause damage. When looking for choices for suspension, you want the ability to have wide, even straps and you want those straps positioned away from easily damaged areas.

  3. This is cool. I think this is the next one I’m learning. Also, agree it’d be cool to see more discussion on how to employ bondage and maximize the experience for your partner.

  4. I did this but added a knot just above below top of buttocks and made rope go between pelvis knot and that one so as when she was bent forward you can tighten the rope in a way that the rope spreads buttocks open at the same time.

  5. Pingback. キンキー・ロンドン:緊縛とスパンクのワークショップ - レッドウルフ

  6. Would love to see more videos about energy/dominance/connection!

  7. Pingback. ロープドレス - パープル'sジェム

  8. Pingback. 家でまた遊ぶ #BDSM #Submission #Domination #floggers|姫と私

  9. If you have only seen pictures of this, it may look intimidating. In actuality, it is surprisingly easy!

  コメント